だいたい、媒酌結婚という形式は、昔のぱあいのように、家と
家との結婚のぱあい、用いられた方法のように思われます。そこでは夫と妻の愛情などという問
題よりも、家と家との縁組、あるいはまた家をたやさないということがいっそう重要なことがら
だったように思われます。ところで、結婚というものの本質が、家と家との縁組みやなにかでな
く、未来の夫と妻との愛情のなかにあるものとすればIそしていうまでもなく、こういう考え
方こそ現代的なものなのですが、l愛しあったふたりが、そういうふたりのみが結婚する恋愛
結婚こそ、ほんとうの結婚の仕方ということになると思います。つまり、愛の理論からすれば、

結婚は恋愛結婚であるのが本当なのです。
ところが、こんなふうにいいますと、昔ふうなオトナ達はすぐこういうのです。(つまりさきに
あげた第一の論点を第二の論点のなかへ引きずりこんでしまうのです。)見合で結婚したって、や
がて愛情がわいてくるではないか。そしてまた見合で結ばれた夫婦が、どれもこれも仲の悪い憎
みあった夫婦になるわけではないではないか。’たしかに、そうともいえるのです。けれども、
肉体的にまず結ばれて見よ、そうすれば、愛情が自然にわいてくるだろうという議論は、いってみ
れば、ハッピイ・エンドにおわる恋愛小説をおしまいの方からよみかえして行くようなものです。
愛情があって結ばれるのが自然なのです。結ばれてから愛情が湧くというのは不自然でもあり、
さらに偶然をアテにした考え方のようにも思われるのです。
ここを読んで理解したらここ→で素敵なパートナーを探しましょう。

020