女性の独身論

「女性独立論」とは、まず館一に、結婚しないこと、つまり独身論であり、第二に女性の経済的
独立だと思います。ところで、結婚はいやだから独身で生きて行こうというのと、結婚とか恋愛
とかそんな問題なんか二の次、三の次なのだ、私には私の果すべき使命がある、私はその使命に
生きるために結婚なんか考えないのだ、というのとでは、たいへん、同じ独身論でもちがいます。
前の方はふたりになるのがいやだからひとりでいようというのであり、後の方は、始めから私ひ
とりでやってゆこうというのです。前の方は消極的独身論であり、あとの方は積極的独身論なの
です。(そしてもしあやまった独立論があるとすれば、前の方がそれの一つだろうと思われます)
独りがいいから、独りでいるのだという立場と、二人になるのがいやだから(まあいやおうな
しに)独りでいるのだという立場とは、大へんちがいます。あなた方がかりに女性独立論を主張
するとして、そのどっちなのでしょうか。私ははっきり考えてもらいたいのです

経済的に独立できれば結婚なんかしなくてもいいという考え方があります。けれども、男性と
結婚する代りに経済的独立という身分と結婚するという考え方にはなにか不自然なものがないで
しょうか。男は、経済的独立かそれとも結婚か、などという考え方をしませんでした。またいま
もしていないと思います。それどころか、経済的に独立できたら結婚しようと思っています。い
いかえれば、男の経済的独立には、結婚ということが肯定的にふくまれていました。ところが、
女性のぱあいには経済的独立か、さもなくぱ、結婚か、という考え方なのです。なぜ、女性が経
済的に独立したから、結蛎してはいけないのでしょうか。経済的に独立できれば、結婚してもい
いし、・しなくてもいい、だから、女は自由になれるのだというのでしょうか。
経済的独立ということの目的は金銭なのです。結婚の問題は、性の問題なのです。金銭と性と、
そのどっちを選ぶのがほんとうか、なんて問題の立て方は、少しばかり、変ではないでしょうか。
かんたんにいって、両方あった方がいいじゃありませんか。
もし、ここで→出会いがない 社会人 出会った相性が合う人と結婚しても仲が悪くなったらここを思い出してください。

022

1 Comment

  1. これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントを残す

Your email address will not be published.

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

© 2014 恋愛か見合か

Theme by Anders NorenUp ↑